読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永井ギャラクシー つくる部

関西を拠点とするウェブ制作チーム。あらゆる“つくる”にまつわる日記。つくる部部長(つ部長)が担当します。好きな時に更新します♪

やりたいことには二つ種類がある

つ部長です、こんにちは!
なんだか、重々しいタイトルになってしまいました。

会社員時代から漠然としていたけど、でも何とか人生の時間を有意義に使っていかなきゃいけないなと思い続けてきました。そう思い続けているうちに30代になり、もう少しでアラフォーになりそうな年齢にまでなりました。

その一つとしてフリーランスをやってみたいというチャレンジがあったのだと思います。

社会人になると、とにかく時間の経過が驚くほど早い!
自分がというよりも親が歳を取ったり、周りが変化していくことに驚くことが多いです。

今後も、チャレンジしたい事にチャレンジしてやって良かった!と思えるような人生でありたいと思っています。

なぜ、それらをやりたいのか?を考えているうちにやりたいことには二つ種類があるなと思いました。

  1. 人生を通してやりたいと思うこと
  2. 後悔したくなくてやろうと思うこと

1.人生を通してやりたいと思うこと

僕の場合、プログラムを書いて生きていきたい!とか友達いっぱい集めてプログラムを趣味で書くサークルのようなものの中で楽しくプログラム作りたい!とか絵を描いて良いデザイン作ってウェブサイト作りたいとか、小説いっぱい読んで自分で書いてみたいとか単純に言えばゲームがしたい!と思って生きています。

オーストラリアに行きたい!とか一軒家が欲しい!とかそういうのは、あまりありません。。どちらかといえば、自分の中で完結出来るような内容が多いです。

これらは、個人的にやりたい!と思うことなのでなぜやりたいのか?なんて問う必要もなく疑問に思うことはありません。

ただ、それだけをしていては生きていけないという問題があるので、やりたいことがあるのに、それが出来ていなくてどうしようかなと考えてしまいます。

2.後悔したくなくてやろうと思うこと

どちらかというと、やりたい!というよりも、やっておかないと後で後悔するだろうと思うことです。

後で後悔することになる理由は僕の場合、年齢とお金です。

気合いと根性で乗り越えられる人もいるかもしれません。適正な年齢はあるかもしれません。また、そのやりたいと思うことはお金が必要になることもあります。

だから、優先順位的に1よりも2の後悔したくないの方が上がります。

やりたい!っていうよりも後悔したくないからってなんだか、本意ではないなって感じることがありました。

だけど、よくよく考えると1番のやりたいことと2番の後悔したくないことって割と被っていることが多いです。

最終的に思うこと

2の後悔したくないことに1のやりたいことが含まれているのであれば、十分に2の後悔したくないことをやる動機づけになるなと考えています。

仕事を含めて個人でもやっていかなければならないことが出てきたとしたら、本当にやりたい事か?の一つの答えとして考えを持っておきたいです。