永井ギャラクシー つくる部

関西を拠点とするウェブ制作チーム。あらゆる“つくる”にまつわる日記。つくる部部長(つ部長)が担当します。好きな時に更新します♪

Mastodonが定番化するのに必要なことを考えてみた

お久しぶりです。せ部長のほうです。

実は本業のウェブ制作とは別に、永井ギャラクシーの2人でマストドンインスタンスを運営しています。

マストドンとは、SNSが作れるオープンソースのソフトウェアです。「分散型」という大変興味深いコンセプトを持ったツールです。

インスタンスとは、マストドンを使って作られたそれぞれのSNSのことです。それぞれのSNSは互いに繋がりあうことができるので、マストドン全体でひとつのSNSと呼んでもいいのかもしれません。

そんなマストドンを使ってどんなインスタンスを立てたかというと、フリーランスを含めたあらゆる個人活動を応援するインスタンスです。その名も“ぎんがどん”と言います。

自分たちが個人単位で活動していて、このままフリーランス続けていけたら幸せだなー、私たちみたいにフリーが向いてる人もっといるんじゃないかなー、そういう人たちがもっと活躍すると世の中楽しくなるんじゃないかなー、という気持ちで始めました。

マストドン自体は、4月の半ばにドカンと爆発したのをご存知の方も多いと思いますが、今はかなり落ち着きを見せています。

でもマストドンの中にいるとめちゃくちゃ楽しいし、日々いろんなことが起きています。

ということで、マストドンを愛する者として、つ部長と2人でマストドンが定番化するために必要なことを考えてみました。

プラグイン機能の追加

これはつ部長が言っていたことですが、マストドン本体にプラグイン機能がつくと技術者の皆さんが拡張しやすくなるようです。今はマストドン本体を拡張しても、バージョンアップしたときにマージし直すのが大変、みたいなことがあるようですが、プラグイン機能があると、そういった手間やリスクが減らせるらしいです。マストドン会議4でもちらっとそんな話が出ていたような…。(しかし今のところないということは、マストドン作者の考えに沿わないのだろうか?という疑問はあります。)

マストドンホスティングサービス

海外にはすでに、“Masto.Host”というサービスがあり、月500円ちょっとからインスタンスが立てられるようで、アップデートなどのメンテナンスもやってくれるようです。

Masto.Host - Hosting for Mastodon Instances

さくらインターネット研究所所長の鷲北さんという方が、このようにトゥート(=ツイッターのツイート)しておられるのを見ました。

日本でmasto.hostみたいなのやる人いませんかね。そういう人をサポートするのは得意なんですが。 #マストドン会議

インスタンスを立てるのはスタートアップスクリプトで割と簡単なんですが、その後のメンテナンスが大変なんですよ… #マストドン会議

 私たちもインスタンス立ててみましたが、結構インフラの知識が必要なようでつ部長も苦労してました(インフラの勉強を兼ねて、Dockerやスクリプトを使わなかったということもあるのですが)。うちはまだやってませんが、他の管理人の方で、バージョンアップに苦労されている声を見かけたりします。

そんな理由で、WordPressや昔のMTのようにクライアントさんに提案するにはハードル高いなぁ~ということを言っていましたが、マストドン専門のホスティングサービスがあればかなり導入のハードルが下がりそうです。

…と言ってたら、無料のサービスが!

Hostdon Beta | Mastodonの無料ホストサービス

さらにmasto.hostの日本語のサイトも見つけました。

jp.masto.host

さすが黎明期のマストドン。スピードを感じます。

テーマインスタンスの成功事例

これはマストドン会議4で名刺交換したラジオ局の方がおっしゃってたことなのですが、テーマを持ったインスタンスの成功事例が出てくれば、マストドンを上司やクライアントさんに説得しやすくなるのでは、ということでした。確かに今のところ、mstdn.jpやPawooなど大きなところは目立ちますが、テーマ性を持ったインスタンスの成功事例はまだまだ一般の人たちの目には届いてないのかもしれません。

などと言っていたら、一昨日くらいにPawoo musicがリリースされました。すごい機能拡張が施されていて衝撃でした。成功事例になりうるかという感じですが、これは次元が違いすぎるので、もう少し身近な成功事例も必要かなと思います。

技術とコンセプト(コンテンツ)の並立

これもマストドンのタイムラインで見かけた意見ですが、今のところマストドンは技術者の方が技術的興味で立てられたインスタンスが多いようです。だけどインスタンスを運営していく上では、コンセプトやコンテンツ設計など、いわば文系の力も必要なのではないか、技術とコンセプトの両輪が揃えば安定的に運営できるのではないか、というお話でした。

確かにマストドン会議2でお話しておられたPawooの方も、技術担当の方とコンセプト面担当の方両方いらっしゃいましたね。一応うちも技術担当のつ部長と私とで、コンセプトを大切にしながらやってますので、なんとかいい感じで運営していければなと思っています。

不適切な投稿の監視技術

運営の負担はいろいろあると思いますが、一番はやはり不適切な画像や発言があった場合の対処ではないでしょうか。

これについては、マストドン会議4で、“Naumanni”を開発された清水氏が、AIを使ったスパム判定のお話をされていましたが、そういった技術が一般的になれば、インスタンス運営の負担がかなり軽減されるのではないかなと思いました。

UEIとグルコース、マストドンに深層言語解析技術 「Deep Analyzer」によるスパム報告・判別機能を導入 6月10日より実証実験開始 | ニュース | 株式会社UEI

SNSの監視を代行してくれるサービスもあるようですが、そちらはまだまだコストがかかりそうです。

また、絵や創作などの表現を扱うインスタンスでは、何をもって不適切とするかの基準を設けること自体が難しいという別の問題もありそうに思います。

他のSNS、他のツールとの違いの説明

ツイッターと何が違うのか。WordPressなどのブログやCMSを導入するのと何が違うのか。その辺のことがまだまだ明確に周知されていないかも、とも思います。

ツイッターとの違いは、実際やってみると肌で感じ取れると思います。ローカルタイムラインでエアリプで会話する楽しさとか、他のインスタンスの人をリモートフォローする楽しさとか。たとえるなら、ツイッターは青空の下の大きなお花見会場って感じでしょうか。マストドンは(特に小規模インスタンスは)、地下の居酒屋の半個室での二次会みたいな雰囲気でしょうか(個人の感想です)。

しかし、企業がマストドンを導入するメリットは、まだまだ説明不足、というか、メリット自体が不足しているかもしれません。でも、ここまでに書いてきたことが揃ってくれば、充分提案できる状態になっていくのでは?と期待しています。

マネタイズ

マストドンやったらなんか儲かるんか?という話ももちろん大事だと思います。(もしかしたら一般化するのに一番関係がある話かもしれません。)

 

その他、設置や運営ノウハウの蓄積とか、インスタンスのコンセプトを明確にするとか、いろいろあると思いますが、それらが揃うと、私たちウェブ屋もお客さんに提案しやすくなって、インスタンス立てる人、参加する人、両方増えるといいなと思います。

 

合わせて“ぎんがどん”のほうも、個人で活動してる人、そんな個人を応援してやろうやないかという方々のご参加をお待ちしておりますので、何卒よろしくお願いいたします。

gingadon.com

滋賀へ、お礼参りと、花見と、スマホでぷちトリップ

お久しぶりです。せ部長のほうです。年末に書いて以来、4か月ぶりの更新になってしまいました。

ここへきて仕事も少し落ち着き、ずっと行きたかった滋賀へ行ってきました。

f:id:nagai-galaxy:20170414104806j:plain

 なんで行きたかったかと言うと、大津祭でもらったちまきを返納したかったからです。

ちまきと言ってもおもちが入っているわけではなく、厄除けのために玄関などに飾っておき、一年経ったらお返しするものです(一年半くらいになってしまいましたが)。

このちまきをもらった頃から永井ギャラクシーは動き出したので、お礼参りに行きたいなぁとずっと思っていました。

あれからもう1年半かぁ。その日の記事はこちら。

nagai-galaxy.hateblo.jp

 

ちょうど桜の季節ということで、満開の日を狙っていってきました。

曳山のアプリやお仕事でお世話になった滋賀のお取引先の方とも合流し、無事天孫神社へお返ししてきました。

そしてその足で近江八幡へ。ここまで来たら、大好きな近江八幡へ行かないわけにはいきません。

f:id:nagai-galaxy:20170414110214j:plainラ・コリーナはさらに広くなってました。

日牟禮八幡宮も訪れることができ、道すがら桜も見ることができ、これで当初の目的は果たせました。

さあこれで思い残すことなく大阪へ帰れる・・・、はずだったんですが、なんと、去年もやっていた『スマホでぷちトリップ』という企画、今年はこの日が初日との風のうわさが。今年もやるとは聞いていましたが、まさか開催当日と重なるとは。

ということで、去年チラシやサイトのデザインを担当させていただいたご縁で、今回もアプリの検証を兼ねて参加することになりました。

f:id:nagai-galaxy:20170414113850j:plain
観光案内所でもらったチラシ。去年のデザインをそのまま使ってもらえたようでうれしかったです。左の英語版は今年からのようです。

観光スポットごとに出現するオリジナルキャラを集めると景品がもらえるということで、さっそくやってみました。

詳しくは、DIIIGさんのサイトへ。

diiig.net

 

f:id:nagai-galaxy:20170414120334j:plain
キャラを探すつ部長。ポケモンGO的なたたずまいです。

 

f:id:nagai-galaxy:20170414120914p:plain
こんな感じでスポットごとにキャラが集まっていきます。去年はスタンプを押すだけだったのでかなりバージョンアップされてました。

 

f:id:nagai-galaxy:20170414122149j:plainキャラ出現!と思いきや、この子はけもののフレンズでありました。

 

f:id:nagai-galaxy:20170414121600j:plain
無事コンプリート。アプリの使用感も良くとても楽しめました!もっと写真撮っておけばよかった。

今回の景品は、なぞるだけで琵琶湖が描けてしまうステンシルのようなものでした。ちゃんと竹生島も描けるすぐれものです。

 

ということで、この一年半のお礼参りも無事終わりました。

ここからまた活躍できるようがんばります!

年が越せそうです

お久しぶりです。せ部長のほうです。年の瀬のご挨拶ということで書いています。

おかげさまで、なんとか年が越せそうです。

去年の11月25日に開業届を出してから1年、実活動も含めると1年半くらい経ちました。

その間、受注の仕事がなく、資金が目減りするのを胸を痛めながら眺めていた日々もありました。受注がなけりゃ自前サービスをやればいいじゃない、ということでコツコツ倹約生活しながら企画開発をやったり、今後のために仕事の進め方のノウハウをまとめたり・・・という時期もありました。

しかし今は、心穏やかにこの年の瀬を過ごせています。

今はそんな気分ですが、今後もしばらくは下がったり上がったりの日々が続くのだろうなと思います。

ということで、暇なときはメンタルやられるほど暇なのですが、逆に忙しいときはほんとに忙しいので、来年こそは食洗器を買ってさらなる業務の効率化(というか業務時間の確保)を図りたいと思います。

来年も、「ちょっと成長できたかも」と思える一年になるよう願っています。

今年一年ありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

国もフリーランス推進の流れへ

こんにちは。せ部長のほうです。

先日こんな記事を書きました。

nagai-galaxy.hateblo.jp

この記事で、フリーランスが増えたら、これまでの働き方が抱えてるいろんなジレンマが解消するんじゃないか、ということを書きました。

 

そしたらその3日後、こんなニュースがあったらしいです。

headlines.yahoo.co.jp

 

上に向かって叫んだのが届いたんでしょうか?(笑)

 

国が推進したからといってその方向に行くとは限らないと思うのですが、しかしそれ以前に、もうその流れはある程度できつつあったんじゃないかなと思います。

ネット上でも働き方の議論は煮詰まってきているし、技術的な面も揃ってきているし、国や企業からすると、不景気な状況で大きな組織を維持するにはコストがかかる、そのためには一時的にでもサイズダウンが有効じゃないか、という本音もあったりするんじゃないかなぁという気もします。アメリカなど海外はすでにフリーの技術者が多いとも聞きます。

 

せっかくなんで、先の記事で書ききれなかったこともちょっと書きます。

ここ数日、過労自殺事件以降の長時間労働反対のムードの中で、「俺は仕事好きなんだ!残業したいんだ!」という声もチラホラ見かけました。しかしそういう人も、フリーランスなら会社のルールに収まる必要がないので、のびのび好きなだけ活躍できるのではないかと思います。労基法も関係ありません!(良くも悪くも)

そしてもうひとつ、こんな記事も話題になってました。

blog.tinect.jp

同じ労働時間でも、裁量があるかないかで消耗度が違うという話ですが、これはその通りだと思います。

つ部長が好きなFFの音楽を作った植松さんのインタビュー(YouTubeにいくつかあります)を聞いていても、徹夜もするけど楽しかったみたいな感じなんですよね。ある程度任せてもらって自由に作ってたとも言ってたので、やはり裁量が大きいと楽しく仕事できるのかなと思います。時代の違いもあるのかも知れません。

裁量の面でもフリーランスは大きいです。逆に言えば、何もかも自分でしなきゃいけないのでしんどい面もありますが、何でも自分で決めたいやりたいタイプの人には良いかも知れません。

それとあともうひとつ、現代は個人主義的な空気もあって、それもフリーランスという働き方にマッチしている気がします(かと言って、フリーランスになるのは今後も少数派だとは思うのですが)。

 

ニュースの中でも、企業と対等な契約を結べないんじゃないかなどの課題も出てました。個人なので立場が弱いということもあります。でもそういったこともこの時代の流れの中で変えていければいいなと思います。

ついでに、国には自営業に不利なんじゃないかと言われている保険年金方面も見直していただけるとありがたいですが、それはとりあえず置いといて、この流れは大歓迎です!

 

乗るしかない このビッグウェーブに(AA略

 

永井ギャラクシーのサイトを公開しました

こんにちは。せ部長です。

長らく放置していた永井ギャラクシーのサイトですが、やっと公開にこぎつけました。

f:id:nagai-galaxy:20161021151300p:plainnagai-galaxy.com

ひとまずPCサイトのみで、ぺライチのシンプルなサイトですが、少し永井ギャラクシーらしい愛嬌を出せればと思い、このような感じにしてみました。

制作実績もこんな掲載しています。この一年、いろいろと充実したお仕事をさせていだたきました!

f:id:nagai-galaxy:20161021152841j:plain

そして、つ部長も顔出ししています。

テーマカラーの濃い青は、やはり宇宙からきているのですが、他にも、「地下」とか「心の深いところ」みたいなイメージもあります。

永井ギャラクシーはまだまだ、地下に潜って今後の準備をし、力を蓄えているような感じなので、その地下のほの暗くて暖かいイメージもたくしてみました。

「心の深いところ」のほうは、閃きは上から降ってくるのではなく、自分の心の底のほうからやってくる、みたいなことをどこかで読んだので、そのイメージです。

(あと、ちょっと児童文学の挿絵っぽい、静かで優しい感じも意識してみました。)

事業の内容も今後変わっていくかもしれないので、ひとまずは最低限の情報を載せていますが、成長とともにサイトもバージョンアップしていければと思っています。

ということで、今後とも永井ギャラクシーをよろしくお願いいたします。

 

残業禁止のジレンマ解消策

こんにちは。せ部長のほうです。久しぶりの更新です。

私はしょっちゅうはてなブックマークを見ているのですが、ここ最近、長時間労働のエントリーがよく上がっています。

そしてこの問題の最近の焦点は、「長時間労働を禁止されても、仕事量が減るわけではないからむしろしんどい」というような、ただ単に労働時間を制限するだけでは解決にはならないのではないか、という点にあるようです。

例えばこういったエントリーなど。

anond.hatelabo.jp


こういう記事を見て、フリーランスの立場としては「良かったらうち使ってください」と言いたくなります(もしウェブ制作の会社ならですが)。残業禁止で仕事が溢れた、でもむやみに人を雇うこともできない、そんなときは振ってくださいと。

もちろん、ただ単に「仕事ください!」って意味が97%くらいですが、あとの3%は、フリーランスが企業と組んで安定的に活躍できる世の中になれば、企業も会社員の人もフリーランスも幸せになれるのではないかと思うことがあるからです。

フリーランスにはもちろん、大きな会社から仕事がもらえるメリットがありますし、企業は人を雇っておくコストを抑えることができます。会社員の人は、長時間労働が減った分、フリーランスに仕事を外注すれば、残業禁止との板挟みに苦しむこともなくなります。

でもここで懸念されるのは、「外注ばかり使って正社員を減らせば、雇用の安定が損なわれるんじゃないか」という点です。しかしそこは大きく発想の転換をして、雇用だけでなく個人で働くことも安定させる、という方向でいかがでしょうか! 思いっきり我田引水ですね。

 

私がしょっちゅう引用する「村上さんのところ」に、翻訳家の女性からのこんな投稿がありました。

要約すると、自分は組織に向いていないとなんとなく気づきながらも会社や学校の中で組織に適応するよう努力してきた。でもやっぱり向いてなくて、あるとき開き直り、個人で働くことを目指して翻訳家になった。そしたら今までのストレスが嘘のように毎日楽しく生きている、といった内容です。

これを読んで、「食べていけさえすればいいのか!」と思いました。組織に適応できない人間は社会人として失格みたいな空気がずっとありましたが、本当はそうじゃなかったのかも、手に職あって食べていければ、無理な努力をし続けることないのかも、と目からウロコでした。

組織に適応する努力と、自立する努力を天秤にかけて、向いてるほうを選べばいいのかなと。それを見定めるために、若いうちに就職を経験するのももちろんいい選択と思います(会社で身につくスキルは大きいですし)。

ただそういう選択ができるようになるには、もうちょっと個人事業が安定する世の中にならないといけないですよね。

働き方改革や一億総活躍社会という中に、雇用だけでなく個人事業や、さっきの組織に不向きな翻訳家のような方も含めて考えていただければ、より人材の活用率もアップするのではないかと思います!(と、上のほうを向いて叫んでみます)

会社員がしんどくなってもいつか独立すればいいや!と普通に思える社会になれば、会社の仕事を覚えるモチベーションや楽しさもアップし、会社側も能動的に働いてくれる社員が増えて売上アップし、その人が独立すれば外注で使って人件費も削減でき、残業禁止とのジレンマも解消でき、体や心を病む前に辞められるので国の医療費も削減でき、景気も回復し・・・というような、「ぼくのかんがえたさいきょーの好循環」みたいな妄想をしています(ピケティって何?レベルの人間なのでお許しください)。働くのがイヤな人も、就職への心理的ハードルが下がって逆に人材確保しやすくなるのではないかなんてことも思ったりします。

フリーランスや小さな会社は弱いので、下請けとして買い叩かれたり、無理な納期のしわ寄せを押し付けられるんじゃないかという懸念もあると思いますが、それは働き方とはまた別の問題のような気もしますので、また別で対策考えられればなと思っています。

もちろん、大きな仕事ができる大きな組織がないと世の中大変なことになると思うので、組織に向いてる方、組織で働く方への敬意を持った上でこのようなことを思っています。

また、つい自分たちの業種目線で発言してしまいましたが、アウトソーシングなんて簡単にできない業種もあるよと言われればその通りですので、返す言葉はありません。

 

我田引水と妄想満載のエントリーで、軽く笑って読んでいただければ幸いですが、実はわりとけっこうほんとにそう思っています。自分に合った方法で楽しく働けるのが最高の効率化じゃないかと思っています。

 

ということで、社内で溢れたお仕事はぜひ永井ギャラクシーへご用命ください。

 

村上さんのところ コンプリート版

村上さんのところ コンプリート版

 

 

 

体調が良いと時間が足りてる気がする

お久しぶりです。せ部長のほうです。せいかつ部を閉じて、こっちに書くのは初めてです。

ここ数日、体調がイマイチだったんですが、今日は体調、なんかいいなぁ、体も動くなぁ、ということで、気づいたことがあります。

それは、体調が良いと時間が足りてる気がする、ということです。

 

体調悪いと、頭に抱えてる残タスクを数えながら、あーあれもしなきゃこれもしなきゃ、あー、でもこなせる気がしない~~~、という感じになります。

でも体調がいいと、なんかできそうな気がします。

それはたぶん、今の自分の体の動き具合をものさしに残タスクの工数を計っているからなんだと思います。このサクサク動く体なら、なんとかこなせそうだと。

巷にはロジカルなライフハックに溢れてますが、当たり前すぎてスルーしていた体調や体力、実はこれが一番かもしれないと最近思います。

 

ということで、体感時間をプラスにする方法は体調だなと思いました。他にもいろいろあると思いますが、より時間に余裕を持ちたい人は、前にも書いたムヒカさんについて知ってみるとか、ミヒャエル・エンデのモモを読むのもいいかもしれません。

私も数年前読んで、けっこう根っこの部分からものの見方がひっくり返った記憶があります。児童文学なので最初はちょっと退屈な部分もありますが、途中で「確かに」と思わせれれる部分が出てくると思います。

※しかし現実と、理想や物語はまた別なので、あくまでも参考程度に。

モモ (岩波少年文庫(127))

モモ (岩波少年文庫(127))

 

 

 ということで、このエントリーも目標時間内に書けました。